華の高級賃貸デザイナーズマンション

多くの高級賃貸の中でも特に輝いている華のあるデザイナーズマンションを大特集

高級賃貸マンションはどのような層に売れているのか

高級賃貸ユーザーの都心回帰が顕著になってきました

東京都心や大阪、名古屋など都市を中心に、年々人気が高まっている物件が、高級賃貸マンションです。
これは安定した収入をもち、ステータスを所有することを好むという意欲あふれる働き盛りの独身者や夫婦が主なマーケットになっています。
かつてはこのような層は、一戸建ての住宅をベッドタウンなどに所有するというケースが多かったのですが、それが最近ではなぜ高級賃貸マンションにシフトしていっているのでしょうか。

社会人も学生も通勤通学が便利になります

まずは通勤通学の利便性があります。
そもそもベッドタウンとは通勤通学に便利なロケーションの土地です。
しかし、都市を経るごとに徐々に飽和状態となっているため、交通の便が滞る例があるのです。
また仮に以前と変わらない交通の便のよさをキープしていても、昨今のめまぐるしく回転する情報化社会にあってはまさに時は金なりであり、通勤通学の時間をさらに減らしたいという希望が出てきたのです。
マンションであれば会社や学校がある都市の中心部に鎮座していますし、建物が上方向に伸びているためにスペースのキャパシティの問題も解決されています。

住み替え、転勤などの事態に柔軟に対処できるのが魅力です

次の理由が、若年層の不動産への価値観の変化にあります。
彼らは地価が上がり続けるわけではないということを自身で目の当たりにしてきたため、株と同じように上がることもあれば下がることもあると冷静に見ています。
さらにグローバル時代であるため、いつ国内外を問わず転勤になるかもわかりません。
賃貸の形式であれば、不動産の価値にある程度無頓着でいられて、自分がその住まいを気に入っているかだけに注意すればよいため、彼らの生活スタイルに合っているのです。
様々な建物が林立する都市では、一戸建てよりもマンションのほうが見晴らしが良く、気分がいいという単純な理由もあります。
これらの理由から、高級賃貸マンションは非常に人気があるのです。

デザイナーズ賃貸生活記事一覧